医療脱毛のリスクや副作用はあるか

オリジナル見出し01

効果の高さや医療機関での施術で安心できる点が魅力の医療脱毛ですが、リスクはあるのでしょうか。レーザー脱毛の副作用にはどんなものがあるかご存じですか。

医療脱毛の副作用には、施術直後の赤みや腫れ、毛嚢炎(もうのうえん)、やけどなどがあります。リスクに関しては、硬毛化や増毛、レーザーの打ち漏れなども発生する恐れがあります。


副作用が起きるのは、レーザーでお肌がダメージを受けたとこでバリア機能が一時的に失われたのが原因です。


本当に一時的な症状なので、赤みや腫れなどの炎症は、施術後2、3日経つと消えます。毛嚢炎はニキビと同じような赤いぶつぶつです。弱ったお肌に雑菌が入り込むことで発生します。

放っておいても2〜3週間で消えてなくなるものです。
クリニックでの医療脱毛では、施術直後に医師がお肌の状態を診察してくれるので、これらの異変があればそれぞれに合ったお薬をもらえます。

やけどが確認された場合は、軟膏などを処方する治療となります。


硬毛化や増毛は、女性の肩や背中などの薄い産毛に発生しやすいリスクです。
レーザーの刺激を受けたことでムダ毛が抜けるどころか、逆に太くて濃い毛が生えてきてしまう現象です。
発生率は10%未満や1%とも言われていますが、細い産毛の脱毛をする時はこのリスクを認識しておいた方が良いです。


硬毛化や増毛が起きたら、再度レーザーを当てて脱毛する対処方法が取られます。レーザーの打ち漏れは、一か所や一列に並んでムダ毛が残っているのですぐに分かります。


これも再照射で対処となります。
医療脱毛には以上のような副作用やリスクもありますが、不都合な点も事前にしっかりと説明してくれるクリニックを選ぶと安心できます。

医療脱毛にはレーザー脱毛と電気針脱毛という二つの脱毛方法があります。
レーザー脱毛は、医療用のレーザーを利用して脱毛をする方法で、脱毛したい部分にレーザーを照射します。
すると、照射された部分の毛の中に含まれているメラニン色素が、レーザーの光に反応し熱を発生させます。

その熱が毛根の部分にある毛母細胞にダメージを与える事によって、脱毛する事が出来るのです。

レーザーは光の一種であり、光は波長によって性質が変わります。そして、レーザー脱毛で用いている光は、体毛に含まれているメラニン色素に対しては反応しますが、周辺の皮膚には反応しないために、周辺の皮膚は光による影響は受けないです。


ただ、体毛から発生した熱が皮膚に伝わるために、軽い痛みを感じます。

そのために、熱を発散させたり冷却しながら行うようにします。
一方、電気針脱毛は毛穴に針を刺して、そこに電流を流して脱毛する方法です。
毛穴一つ一つに針を刺す必要があるために、手間や時間がかかって医師の技量が大きく影響します。
また、電気を流して脱毛するために効き目は高いですが、痛みも強いです。

このように電気針脱毛は欠点も多いのですが、レーザー脱毛では対処できない部分でも脱毛する事が出来るメリットがあります。
例えば、白髪がある場合はレーザー脱毛は使えないですが、電気針脱毛は使えます。


ここまで説明したように医療脱毛は二種類あり、それぞれメリットとデメリットがあります。

医療脱毛を受ける際には、どちらの方法が適しているのかを把握しておく事が大切です。

皮膚科の医療レーザー脱毛情報を探しましょう。

安心できる脱毛の口コミのことならこちらのサイトが便利です。

新宿の永久脱毛情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

永久脱毛の評価の情報が必ずあります。

池袋レーザー脱毛の評判の有益情報にあふれているサイトです。

https://4meee.com/articles/hashtag/%E8%84%B1%E6%AF%9B

http://biz-journal.jp/2016/06/post_15349.html

http://okwave.jp/searchkeyword/%E7%97%A9%E8%BA%AB%E5%99%A8%E5%85%B7/

関連リンク

  • タイトル21

    医療脱毛では、メラニン色素に反応するという性質を持つレーザーを使用してムダ毛の脱毛を行います。人間の体の黒い色はメラニン色素でできています。...

  • タイトル22

    医療脱毛でVIO部分の毛、つまり陰毛を脱毛する時、気になるのが子宮や妊娠への影響はないかということです。医療機関でのレーザー脱毛によって妊娠しにくくなったり、胎児に影響があったりはしないのでしょうか。...