医療脱毛で脱毛できない場所はどこか

オリジナル見出し01

美容クリニックで受けることができる医療脱毛は、効果的な脱毛方法として人気があります。
ワキやVIOなど脱毛でお馴染の部位から顔や手足の毛まで体中どこでも当てることができるイメージですが、脱毛できない場所はあるのでしょうか。


医療脱毛でレーザーを当てられない場所は、ほくろや乳輪などメラニン色素の濃い部分と鼻の穴や肛門などの粘膜部です。


レーザーはムダ毛の黒い色を作っているメラニン色素に反応する仕組みなので、メラニン色素が多い乳輪やほくろに当てると、レーザーのパワーが皮膚に分散されてしまいます。

ニキビ跡の比較情報を見つけましょう。

実際、レーザーをほくろに当てると、ものすごく痛いですし、火傷など副作用の危険性も高くなります。


パワーが皮膚に分散されれば、皮膚の奥にある毛根にはあまり伝わりません。
脱毛効果はあまり期待できないし痛いしでいい事なしです。

利便性を重視したワキガでお悩みの大阪の方の情報も多数ご用意しました。

ほくろに生えている毛や乳輪の毛を脱毛したいなら、昔ながらの針脱毛を利用するか、「ソプラノ」のようにメラニン色素ではなく毛包をターゲットにする方式の医療脱毛マシンで施術してもらうかになります。

鼻の穴や肛門などの粘膜部分にも鼻毛などの毛が生えていますが、粘膜はとても傷つきやすい性質を持っているのでレーザーは当てられません。

美容医療サポートと断言できます。

その他に脱毛できない場所は、目の近くの毛です。
まゆ毛と目の間の毛を脱毛したいという人は多いですが、目の黒い色はメラニン色素でついています。

幅広い分野の大阪のくすみ治療のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

レーザーを当てると失明の恐れがあるので、目の周りを医療脱毛の施術をすることは多くのクリニックが避けています。
医療脱毛のメリットとして脱毛効果が高い事が挙げられます。

医療機関の場合はレーザーやニードルを使用する事ができ、これらの施術は非常に高い効果があります。永久脱毛を行う事が可能ですので、長く脱毛状態をキープしたい方に最適の脱毛方法かもしれません。



また、脱毛効果が高いゆえに脱毛に掛かる回数も少なくて済むのです。


エステサロンで脱毛をする際の半分位の回数で済みますので、効率的な脱毛が可能になります。

https://4meee.com/articles/view/10632

脱毛をする際に不安になるのが肌トラブルかと思われますが、その点にも医療脱毛ならではのメリットがあります。


施術は医療従事者が行う事になりますので、安心の施術を受ける事ができますし、もし肌トラブルが発生してしまった際には医師から治療を受ける事が可能です。
速やかに治療を受けられる体制が整っているのはユーザーからすれば安心材料になるのではないでしょうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160922-00000010-pseven-soci.view-000

医療脱毛のデメリットですが、コストが掛かる事です。

http://news.goo.ne.jp/article/bibeaute/life/bibeaute-86916.html

エステサロンでの施術と比べてみると価格が高い事が殆どですので、お金を掛けずに脱毛をしたいと考えている方からすると利用し難く感じてしまうかもしれません。特に近年では低価格で脱毛をしてくれるエステサロンも増加していますので、余計にコストが高く感じてしまう事でしょう。

肌への刺激が強いのもデメリットです。


効果が高い一方で肌を傷める可能性もありますので、肌が弱い方ですと注意が必要ですし、施術を受けるにしても丁寧な施術をしてくれる医療機関に相談する事が大切です。

関連リンク

  • タイトル21

    医療脱毛では、メラニン色素に反応するという性質を持つレーザーを使用してムダ毛の脱毛を行います。人間の体の黒い色はメラニン色素でできています。...

  • タイトル22

    医療脱毛でVIO部分の毛、つまり陰毛を脱毛する時、気になるのが子宮や妊娠への影響はないかということです。医療機関でのレーザー脱毛によって妊娠しにくくなったり、胎児に影響があったりはしないのでしょうか。...