どうやって医療脱毛をするのか

オリジナル見出し01

医療脱毛では、メラニン色素に反応するという性質を持つレーザーを使用してムダ毛の脱毛を行います。

人間の体の黒い色はメラニン色素でできています。

髪の毛やムダ毛、黒目だけでなく、日本人の肌色にも少なからず含まれています。
医療脱毛で皮膚に痛みを感じるのはこのためです。

肌の色の濃い部分にレーザーを当てると痛みを強く感じます。

では、メラニン色素の塊であるほくろや色素沈着した部分では、どうやって医療脱毛をするのでしょうか。脱毛する部位にほくろがある場合は、ほくろにシールを貼るなどしてレーザーが当たらないようにします。

脱毛マシンの中には、先端の口径が1?などとても細かい場所でも脱毛できるものがありますし、シールで隠したほくろ部分を避けて施術することもそれほど難しくはありません。


器用なお医者さんや看護師さんだと、ほくろだけ避けて上手にレーザーを当ててくれます。
クリニックによっては、脱毛の施術前にまずほくろ除去の手術を勧める所もあります。
ほくろ除去も実は、レーザーを使った施術です。波長の長さが違うだけで、レーザーは色々な美容関係の施術で使用されているのです。お肌が色素沈着した部分はどのように医療脱毛をするのでしょうか。

下着でこすれたり、圧迫されることで肌が黒く変色してしまっている人もいます。
色素沈着した部分は、脱毛前によく保湿したり美白することが大切とされています。
基本は、他の部位よりも弱いパワーで皮膚が傷まないように配慮しての施術となります。

YAGレーザーなど、表皮にあまり反応せずに皮下組織まで届くタイプのレーザーを使ってくれるクリニックもあります。
ほくろや色素沈着がある部分の脱毛をしたい場合は、どんな方法で施術するのか、どの医療脱毛機器を使用するのかを事前にチェックしておくことが大切です。
始めて医療脱毛を受けてからムダ毛が抜けるまでの期間って、だいたいどれくらいなのでしょうか。


ネットの口コミを見ていると、すぐに抜けたという人もいれば3週間くらいかかったという人もいます。


その違いは何なのでしょうか。

医療脱毛では、施術後にすぐ抜ける毛があります。
それは退行期の毛です。

ムダ毛や髪の毛など人間の体に生えている毛は、生える(成長期)→抜ける(退行期)→休む(休止期)のサイクルを繰り返しています。

このサイクルの長さは部位や体質によって大きな違いがあります。
退行期にある毛は毛根を離れて抜け落ちようとしている所なのでレーザーを当てるとすぐにポロリと抜け落ちてしまいます。

でも、すぐに抜けたから良いと訳ではありません。


退行期の毛はレーザーで毛根まで破壊できていないので、休止期が終わった後にまた毛が生えてくるのです。
成長期を迎える頃に、またレーザーを照射して今度は毛根を破壊する必要があります。
一方、10日〜2、3週間経ってから抜けるムダ毛は、医療脱毛で毛根の破壊に成功した毛です。

成長期にあった毛にレーザーのダメージが加わったことで、その毛は成長を辞めて退行期を迎えます。
退行期の期間は、体のどの部分の毛でもおよそ2週間です。
2〜3週間ほど経って抜けてきた毛が多ければ多いほど、医療脱毛の成功度は高いと言えます。
でもその頃には休止期にあった毛が成長期を迎えて皮膚表面に顔を出しているので、効果がなかったと勘違いしてしまう人もいます。

医療脱毛の施術後にすぐ抜ける毛もあれば、10日〜2、3週間後に抜ける毛もありますが、抜けるのが早ければ良いという訳ではない事が分かってもらえれば幸いです。

上野の脱毛サロンのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

新宿の発毛の効果に関する予備知識が満載です。

人気な安心な池袋のレーザー脱毛を詳しく調べるなら便利なサイトです。

新宿のレーザー脱毛ランキングの安心情報、今すぐ確認してみましょう。

最近気になった新宿のレーザー脱毛の口コミ関連情報を紹介しています。

http://getnews.jp/archives/1186018

http://getnews.jp/archives/1473060

http://okwave.jp/qa/q8907335.html

関連リンク

  • タイトル21

    医療脱毛では、メラニン色素に反応するという性質を持つレーザーを使用してムダ毛の脱毛を行います。人間の体の黒い色はメラニン色素でできています。...

  • タイトル22

    医療脱毛でVIO部分の毛、つまり陰毛を脱毛する時、気になるのが子宮や妊娠への影響はないかということです。医療機関でのレーザー脱毛によって妊娠しにくくなったり、胎児に影響があったりはしないのでしょうか。...