医療脱毛を受ける時の自己処理はどうすればいいか

オリジナル見出し01

医療脱毛を受ける時、ムダ毛は自分で処理しておく必要があります。もし自己処理を忘れてムダ毛が生えたままであっても、クリニックで剃ることもできます。しかし、剃毛代金を請求されることもありますし、時間もかかるので自分で前日か当日にムダ毛を処理しておいた方が良いです。

医療脱毛を受ける前、ムダ毛は何を使って処理をすれば良いのでしょうか。家電メーカーなどが発売している美容家電の電気シェーバーを推奨しているクリニックが多いです。
電気シェーバーは肌を傷つけずにムダ毛を処理できるので、レーザーで必要以上に肌がダメージを受けるのを避ける事ができます。

カミソリほど皮膚の表面スレスレまで毛を剃れないので、肌の表面はザラザラした手触りになって気になるかもしれませんが、医療脱毛を受ける時は我慢しましょう。

普段、自宅でのムダ毛の自己処理に除毛クリームや脱毛ワックス、毛抜きなどを使っている人もいます。

これらはダメなのでしょうか。
除毛クリームは、毛を溶かす成分が肌表面を少しですが溶かしてしまうので、荒れた状態のお肌にレーザーを当てる事になって危険です。

脱毛ワックスや毛抜きで毛を引き抜くと、毛根が歪んでしまってレーザーが当たりにくくなります。それに、毛穴に雑菌が入ると赤いポツポツとしたニキビができてしまうので、医療脱毛を受けるなら毛を引き抜く処理方法は卒業しましょう。

医療脱毛の自己処理におススメの電気シェーバーは、2000円前後のお値段で購入できます。
クリニック内で販売している所もありますし、自分で家電量販店やネット通販で購入してもOKです。
乳輪に太い毛が1本生えているのを何とかしたい、薄い産毛が生えているのを無くしたいとお悩みではありませんか。

医療脱毛で使うレーザー脱毛マシンは、毛や肌のメラニン色素に反応する仕組みを持っているので、色が濃い乳輪部分の脱毛をしようとすると激痛が走ります。


黒子や色素沈着部分の脱毛でも強い痛みが感じられますし、ヤケドを起こしてしまうこともあります。


医療脱毛クリニックの大手チェーンでは乳輪には針脱毛を勧めていますが、実は肌の色が濃い部分でも施術できるレーザー機種があります。その1つは、長い波長を持っていて皮膚の奥まで届くYAGレーザー「Mydon(マイドン)」です。
脱毛機器で国内シェアの高いのは、800nmの波長を持つダイオードレーザー使用の機種です。
YAGレーザーはそれより長い1064nmの波長を持っているので、お肌の表面にはほとんど反応しません。

日焼けした黒いお肌や色素沈着部も他のレーザーより安全に、痛みも少なく施術できると言われています。
波長が長いので、太くて毛根が深いムダ毛の処理にも向いています。
乳輪に生えた太い毛を処理する能力は充分あります。
蓄熱脱毛という新しいコンセプトを採用した医療脱毛のレーザー機種「Soprano(ソプラノ)」も登場しています。

通常のレーザーではメラニン色素をターゲットにしますが、蓄熱脱毛では熱ダメージをムダ毛の毛包に当てる方法です。

乳輪部分はもちろん、白髪や黒子の毛も脱毛できる画期的なレーザー機種です。


ただ、国内では導入されているクリニックはあまり多くはありません。医療脱毛で乳輪の毛を脱毛をする方法は針脱毛以外にもあるので、針脱毛は嫌だという人はこれらの機種を揃えている美容クリニックや病院を探してみてください。

上野で脱毛の情報を知りたい方必見です。

新宿の医療レーザー脱毛の比較情報サイトをご利用下さい。

あなたが探していた皮膚科の医療レーザー脱毛の詳細情報となります。

渋谷の医療レーザー脱毛のクリニックについての情報ををお探しの方は必見です。

満足度の高い大宮の永久脱毛関連情報を紹介しています。





http://oshiete.goo.ne.jp/search_goo/result/?code=utf8&MT=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%97%A9%E8%BA%AB%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E5%8D%94%E4%BC%9A

関連リンク

  • タイトル21

    医療脱毛では、メラニン色素に反応するという性質を持つレーザーを使用してムダ毛の脱毛を行います。人間の体の黒い色はメラニン色素でできています。...

  • タイトル22

    医療脱毛でVIO部分の毛、つまり陰毛を脱毛する時、気になるのが子宮や妊娠への影響はないかということです。医療機関でのレーザー脱毛によって妊娠しにくくなったり、胎児に影響があったりはしないのでしょうか。...