医療脱毛は子宮や妊娠に影響があるか

オリジナル見出し01

医療脱毛でVIO部分の毛、つまり陰毛を脱毛する時、気になるのが子宮や妊娠への影響はないかということです。


医療機関でのレーザー脱毛によって妊娠しにくくなったり、胎児に影響があったりはしないのでしょうか。


医療脱毛のレーザーによって子宮に悪影響があるということは一切ありません。

レーザー脱毛で使うレーザーが届く範囲は、波長が一番長い物でもムダ毛の毛根が生えている真皮〜皮下組織当たりが限界です。

皮膚に接してもいないし、体の奥まった部分にある子宮まで届くだけのパワーはないのです。

また、レーザーはレントゲンと違って放射線を出さないので、体に当たっても被曝して体の調子が悪くなる、癌になるということはありません。実際、妊婦さんにも医療脱毛の施術をしてくれるクリニックもあるくらいです。


ただ、いくら子宮や妊娠に影響がないと言っても、生理中や妊婦さんは脱毛を控えた方が良いという考え方もあります。


その理由は、ホルモンの分泌の影響で肌が敏感になっていたり、痛みがストレスになって胎児によくないと考えられているからです。普段は肌がかぶれないという人も、生理中には肌が痒くなったり生理用品でかぶれてしまうこともあります。

それと同じようにいつもは何ともない医療脱毛でも、生理中には炎症や腫れが発生したりと副作用が起きてしまうことがあります。
妊婦さんは肌が敏感になっていることに加えて、ホルモンの影響で一時的に体毛が濃くなっていることもあります。
たいていの場合、体毛は出産後に元に戻るので、妊娠中にわざわざ受ける必要はないのです。医療脱毛は子宮への影響は無くて安全なものですが、生理中や妊娠中は避けた方が良いと言えます。
今年こそ全身の毛を無くしたい、でも医療脱毛はいつ始めるのが一番いいのかと迷ってはいませんか。

始めるのに良い時期ってあるのでしょうか。医療脱毛を始める人が多い時期は、やはり薄着になる前の季節、春や初夏です。
ワキ毛を無くしていつでもノースリーブの服を着られるようになりたい、今年は水着でデートしたいなど目の前の目標が見えているからです。
でも春や初夏に脱毛を始めるのは、あまりオススメできません。

その理由は、医療脱毛にとって日焼けが大敵だからです。黒く日焼けしたお肌にレーザーを当てると、お肌にもエネルギーが伝わって痛みますし、パワーが分散されて毛根まで破壊できない可能性があります。


また、施術後に日焼けするのもお肌のダメージを与えてしまいます。


日焼け止めを塗ったり長袖を着てお肌をガードしないと、脱毛した場所が色素沈着を起こしかねません。


医療脱毛を開始する時期で一番良いのは、9月や10月など秋ごろだとされています。

これから寒くなって日焼けする機会も減っていく時期です。長袖や長ズボン、タイツを履く季節はムダ毛を伸ばしっぱなしという人もいるかもしれません。
カミソリやシェーバーで毛を剃る時にはお肌を傷めてしまうので、あまりムダ毛の処理をしていない時期だとお肌のダメージも少なくすみます。
クリニックで脱毛した後にニキビや赤みができても人目に触れにくいのも長袖の季節の脱毛の良い所です。

春や夏に医療脱毛を始める人は多いですが、施術前後のお手入れの楽さを考えれば秋に始めるのが最適です。

上野の脱毛情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

池袋の医療レーザー脱毛の満足関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

東京の発毛の評判の情報をお届けします。

美容皮膚科の口コミの知識が一目瞭然です。

評判が高い新宿のレーザー脱毛ランキングについて説明致します。

http://okwave.jp/searchkeyword/%E7%97%A9%E8%BA%AB%E5%99%A8%E5%85%B7/

http://matome.naver.jp/odai/2137659443530397101

http://matome.naver.jp/odai/2143602257682143501/2143602586783795403

関連リンク

  • タイトル21

    医療脱毛では、メラニン色素に反応するという性質を持つレーザーを使用してムダ毛の脱毛を行います。人間の体の黒い色はメラニン色素でできています。...

  • タイトル22

    医療脱毛でVIO部分の毛、つまり陰毛を脱毛する時、気になるのが子宮や妊娠への影響はないかということです。医療機関でのレーザー脱毛によって妊娠しにくくなったり、胎児に影響があったりはしないのでしょうか。...